ヘッダーロゴ

ATTENTION

ランドセルお取り扱いの注意事項

1

消毒剤(アルコール)・
ウェットティッシュなどは
絶対に使用しないで下さい

ランドセルをシンナー・洗剤・消毒剤(アルコール)・ウェットティッシュなどで拭くと変色してしまう恐れがあるので、絶対に使用しないで下さい。
もしも汚れてしまった時は、固く絞ったタオルなどで拭き取って下さい。
2

防水スプレーは絶対に
使用しないで下さい

ランドセルに防水スプレーなどを使用すると変色してしまう恐れがあるので、絶対に使用しないで下さい。
馬革・牛革・人工皮革全てのランドセルに防水加工が施されています。
もしも雨などに濡れてしまった時は、ランドセルが痛む原因となりますので、濡れたままにせず、乾いたタオルなどで水滴を拭き取って下さい。
天候が悪く、雨や風が強い時には「雨カバー」をご使用いただけば、横から吹きつける雨からランドセルと教材を守ってくれます!
学校に到着しましたら雨カバーを外し、水滴を払ってからビニール袋などにしまいましょう。
帰宅後は、同じく水滴を払ってから雨カバーを干して乾かしましょう。
3

肩ベルトの調節をしましょう

背革が擦れたり、ベルトが切れてしまったり、背カンの故障の原因にもなりますので、お子様の成長に合わせて肩ベルトの調節をしましょう。
まずは、ランドセルに物が入っていない状態で背負ってみましょう。試しに、肩ベルトの穴位置を上から3つ目か4つ目に設定して下さい。
ランドセルを背負いましたら、お子様の真横から見てランドセルと背中の隙間を確認して下さい。
ランドセルと背中の間に大人の手がスッと入るぐらいがちょうど良い隙間です!
隙間が広かったり狭かったりするようであれば、肩ベルトを調節してみて下さい。
隙間が広ければ1段上げて、窮屈でしたら1段下げてみましょう。
目安として、お子様の肩とランドセルのてっぺんが同じ高さであるかを確認して下さい。
そして何より、お子様の背負い心地を大切に。
一年に一度は、成長に合わせて調節をお願いいたします。
4

フックに掛ける際は
ランドセルを空にしましょう

ランドセルの持ち手をフックなどに掛ける際は、必ず中に何も入っていない状態にしましょう。
教材が入ったままフックなどに掛けると型崩れの原因になります。
5

長時間使用しない場合は、風通し
の良い所に保管して下さい

気温の高い所や湿度の高い所は、変形・カビの原因になります。
ランドセルの上に物を置いたり、かぶせを下にして置いたりしないようにしましょう。
時々ランドセルのかぶせを開けて風通しを良くしてあげると、ランドセルもリフレッシュします。
また、交通安全カバーを付ける際も高温・多湿を避け、あまり密着させないようにご使用さい。
長いお休みの際にはカバーを外すことをおすすめします。