手作りランドセル中村鞄製作所

RANDSEL COLUMN

ランドセル選び方 コラム

ランドセルに刺繍を入れる
メリット・デメリット!
人気の刺繍は?

ランドセルに刺繍を入れるメリット・デメリット!人気の刺繍は?

ランドセルには多種多様なカラー、デザインがあり、どんなものを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。
小学校に通う間ずっと使い続けるものなので、どのようなデザインにするか、慎重に検討したいものです。
特に親御さんたちの頭を悩ませるのが、刺繍を入れるか否か、という点。 さまざまなランドセルメーカーで刺繍のサービスも提供されていますが、入れるべきなのか悩みますよね。

今回はランドセルに刺繍を入れるメリット・デメリットを徹底解説いたします。
良い点、悪い点を十分に比較し、刺繍を入れるべきか検討しましょう。
また、人気の高い刺繍デザインもまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

1.ランドセルに刺繍を入れるメリット

まずはランドセルに刺繍を入れるメリットから見ていきましょう。
お子さん目線、親御さん目線の両方から考えたメリットを4つ紹介します。
メリット・デメリットをよく比較し、最適なデザインを選びましょう。

メリット1 可愛い

派手な色はいじめられる?明るい色を選んだ時の注意点

刺繍入りランドセルのメリットは、なんと言っても可愛いこと。ランドセルを華美に彩る、デザイン性の高さが人気の理由です。
刺繍のアクセントがあることで、無地のランドセルよりもファッショナブルな印象になります。ランドセルのカラーに合わせて刺繍糸をチョイスすることで、よりおしゃれに仕上がります。

最近ではハートや星柄などの定番のデザインはもちろん、プリンセスをイメージした刺繍 や、キラキラの刺繍など、バリエーションも豊富。
好みにピッタリハマる、より可愛いデザインのものを選びましょう。

メリット2 子どもが喜ぶ

刺繍の入ったランドセルは、ぱっと目を引くデザインのものばかり。
可愛いもの好きなお子様や、おしゃれ好きなお子様にとって、刺繍入りのランドセルはまさに憧れです。
ランドセルを使うのはお子様自身ですので、せっかくならお子様が喜ぶデザインのものを選びたいですよね。

メリット3 個性を出せる

おしゃれなランドセルの色はどんな色?

一昔前は、赤と黒の二択だったランドセルですが、今はカラーもとても豊富。 カラフルなランドセルで自身の個性をアピールできる時代になりました。
お気に入りカラーのランドセルに、刺繍を入れることで、唯一無二の個性を出せます。
刺繍のデザインもさまざまありますので、ぴったりのデザインが見つかるはず!

メリット4 目印になる

ランドセルはメーカーも限られますし、どうしても似たり寄ったりになってしまうもの。ですが、高価なランドセルですから、愛着を持って使ってほしいものです。
刺繍が入ったランドセルは目印になり、自分のものだとひと目で分かります。ランドセルの外側に本名を記載することは、プライバシー面で避けたいですが、刺繍なら大丈夫!
可愛いアクセントになるだけでなく、機能的にも優れているんです。

また、最近ではイニシャルの刺繍をオーダーメイドで入れられるメーカーも。
さりげなくイニシャルを刺繍することで、ランドセルを取り違えるリスクも軽減するでしょう。

2.ランドセルに刺繍を入れるデメリット

続いてはランドセルに刺繍を入れるデメリットを見ていきましょう。刺繍の入れ方や、どこに入れるかによってもデメリットが異なります。
また、あわせてデメリットの解決方法も紹介していきます。

デメリット1 耐久性が劣る

ランドセルに刺繍を入れるデメリットとして、耐久性が劣る恐れがある、ということがあります。
刺繍は針を使って生地に穴を開け、模様を縫っていきます。そのため、生地自体が劣化したり、針穴から浸水する可能性があると考えられているそうです。

ですが、生地の内側まで刺繍糸を通しているパターンは少なく、生地の表面のみに刺繍されていることがほとんど。 内側の生地には針穴が開いていませんので、著しく劣化する恐れはなさそうです。

また、留め具の部分などに刺繍されている場合は、内側への浸水の心配はありません。 メーカーによっては、浸水しないように工夫した刺繍方法を採用していることも。
刺繍による耐久性への懸念がある場合は、メーカーに問い合わせてみるのがおすすめです。

デメリット2 飽きてしまう可能性

デメリット2 飽きてしまう可能性

刺繍入りランドセルは、お子様が使っていくうちにデザインに飽きてしまう可能性があります。
小学校入学時は好きだったハート柄が、6年生になる頃には好きじゃなくなっている可能性も十分考えられますよね。 特にプリンセス系の刺繍や主張の強い刺繍は、年齢が上がった際に「子供っぽくて嫌だ」と思ってしまうことも。
ランドセルは、小学校に通う間に必要なものですので、6年間使い続けられるデザインを選ぶ必要があります。
刺繍入りのランドセルを選ぶ際は、大切に使い続けられそうか、お子様とよく話し合いましょう。

また、飽きのこないデザインの刺繍を選ぶのもおすすめです。
シンプルなイニシャルの刺繍やワンポイントの刺繍、カラーステッチなどであれば、気にすること無く使い続けられるでしょう。

デメリット3 刺繍糸がほつれる

デメリット3 刺繍糸がほつれる

まったり、擦れてしまうとほつれが生じてしまう可能性も。
せっかくの刺繍も、ほつれてしまうと悲しいですよね。
ですが、メーカーによってはほつれにくい刺繍糸を使用していたり、メーカー保証を設けている場合も。購入する際は、ほつれにくい刺繍かしっかり確認し、あわせてメーカー保証なども予めチェックしておくのが安心でしょう。

また、ランドセルが傷ついたり刺繍がほつれないよう、大切に使用することも重要です。

デメリット4 価格が高い

できるだけ低コストでランドセルを買いたい!

刺繍入りランドセルは、無地のランドセルに比べ、やや高価な傾向があるようです。 刺繍という一手間がかかっているので、値段が上がってしまうのは仕方のないことですが、なるべく安く抑えたいという方にとっては、気になるポイントです。
ですが、中には無料の刺繍サービスを行っているメーカーも。無地のランドセルを販売しているメーカーでも、刺繍サービスを行っていること場合もあるので、ホームページなどをチェックしてみましょう。

また、ランドセルは一生に一度の買い物。
価格に関しては、お子さんにとって最適なデザインのものをチョイスできるよう、家族で話し合うことが重要です。

3.どんな模様の刺繍が人気?

最後に人気の刺繍デザインをまとめました。女子人気が高いデザイン、男子人気が高いデザイン、誰でも使えるシンプルなデザインなどを厳選しました。

ぜひ、刺繍入りランドセルを選ぶ際の参考にして下さい。

定番!イニシャルの刺繍

刺繍入りランドセルの定番デザイン、イニシャル。男女問わず人気の刺繍デザインです。 飽きのこないデザインなので、6年間安心して使い続けることができますよ。
さまざまなランドセルメーカーで刺繍のサービスを行っています。
中には、無料でイニシャル刺繍をしてくれるランドセルメーカーも。

中村鞄では、お客様のご要望に合わせたデザイン変更・オーダーメイド等は承っておりませんが、代わりに「イニシャル刺繍オーダー」を承っております。
こちらはランドセルの錠前にお子様のイニシャルを刺繍するもので、9色の刺繍糸からお好きな1色をお選びいただけます。

★イニシャル刺繍がほつれないようにしっかり裏地に糊を塗っているので心配ありません!

もっとキュートに!ハートの刺繍

女子人気が高いデザインといえば、ハート。

まさに、キュートの代名詞ですね。ハートのデザインにもいろいろなものがあり、大胆なものからサイドに刺繍されたさりげないものまでさまざまです。
赤いランドセルにピンクのハートなど、カラーを組み合わせるのもおしゃれですよね。女の子なら人気のデザインなので、お子さんも気に入ってくれること間違いなし。

乙女心をくすぐるベルエースハートランドセル

中村鞄だと「ベルエース ハート ランドセル」が控えめな可愛らしさで毎年女の子から人気です。計3ヶ所に小さくハートの刺繍が入っていますが、「ほつれてしまった」「水が染み込んでしまった」というお声は今まで一度もないほどしっかりとしたお作りです!また、かぶせを開けてまず目に入る名札カード入れも可愛らしいハート型なので、心ときめくこと間違いなしです♡

可憐な印象!お花の刺繍

可憐な印象!お花の刺繍

お花の刺繍は、上品で可憐な印象です。お花の刺繍にもさまざまなデザインがあります。好きなお花を刺繍するのもおすすめ。可愛らしいものもあれば、落ち着いた印象のデザインもありますので、飽きること無く使えそうですね。

さりげないお花の刺繍であれば、高学年でも飽きずに使えるでしょう。

女子の憧れ!プリンセスデザインの刺繍

女子の憧れ!プリンセスデザインの刺繍

プリンセスのモチーフである、ドレスや王冠などの刺繍です。最近ではアニメなどの影響で、プリンセスに強い憧れを持っているお子様が多いです。
誰もが憧れるデザインなので、みんなから羨ましがられること間違いなし。

デメリットとしては、やや飽きやすいデザインであること。購入の際は卒業まで使い続けられるか、よく話し合いましょう。

男の子に人気!星型の刺繍

男の子に人気!星型の刺繍

クールな星型の刺繍は、男の子に人気のデザインです。ワンポイントとして星型の刺繍を入れることで、シンプルなランドセルがよりかっこいい印象に。
ランドセルカラーに似た色で刺繍することで、さりげないデザインに仕上げることもできます。

4.まとめ

今回はランドセルの刺繍について紹介しました。ランドセルに刺繍を入れることには、賛否両論さまざまな意見があります。耐久性やメーカー保証、刺繍のサービスに関しては、各メーカーへ問い合わせましょう。

ランドセルに刺繍を入れることには、メリットもたくさんあります。
お子さんや家族と話し合い、より最適なデザインのものをご選択下さい。

ランドセル選びは、お子さんにとって未来を見据えて物事を考える、最初の経験かもしれません。
自分が長く愛用できるデザインのものを見つけることで、ものを大切にするという気持ちが育まれることでしょう。

お子様にとって、大切に使いたいと思えるお気に入りのランドセルが見つかることを願っています。

2023ランドセルカタログ・革見本帳無料請求受付中

カタログはラインアップはもちろん、職人のこだわりや背負いやすさのひみつなど、中村鞄製作所のランドセルについてしっかり知ることのできる1冊です。
革見本帳は実際にランドセルに使われている革や縫製糸をカットしたものをご覧いただける優れものです。
ぜひ素材の違いや手触りなどをお確かめ下さい。

ラン活のお悩みで役立つかも?
コラム記事紹介