ヘッダーロゴ

10

こだわりの形/

kodawari
no
katachi

10こだわりのかたち

  • イチョウと呼ばれるこの形、実はランドセル全体の印象を決める大事な部分。
    シンプルなボディを、イチョウからスッと伸びたラインが視覚的にしっかり締め、機能的にも潰れに強いデザインになっています。

    昔ながらの小マチのデザインは、たくさん教科書やノートを詰められて、手も入れやすい。横から見てもスッキリとした印象を与えてくれます。

    ランドセルを作るにあたって、この「ブラン」という場所はかなり手の込んだ部分。
    「ブラン」は柔らかい「あたり」があり、腕をふったときに肘が当たっても痛くないように作られています。

  • ふっくらした形に、革特有のツヤ感。
    そして、背中が当たるところ全てをカバーするように、ランドセルの背全体を、柔らかなクッションが包んでいます。
    背負う、というイメージがつきやすく、思わず手で触れたくなるような立体感が、中村鞄の「背」にはあります。
    背側を縁取るフォルムが、ランドセルらしい可愛らしさを演出しています。

  • 大きすぎず、小すぎずのサイズ感。教科書、ノートはもちろん、体操着も水筒も、お弁当も、思い出だって。いろいろなものを詰め込めて、6年間背負っても安心な設計で作られています。長く使っていても不便に思わず、きっとあなたが大切に思える存在に。

    実はよく見て欲しいところ。
    ランドセルの顔ともいえる「かぶせ」、theランドセルという感じで誰もが共感できる形です。さらに、その中にある鋲は、中村鞄のランドセルの可愛さをシンプルに纏めています。昔ながらの形でありながら、モダンな印象も兼ね備えたデザインです。