ヘッダーロゴ
2017.04.04

ミリ単位の手仕事  -かぶせ-

ランドセルの中でも大きな革部分 『かぶせ』
 

かぶせ(ランドセルのふた部分)は、革と革二枚で貼り合わされています。
中村鞄のランドセルは表革と裏革どちらも同じ色の革で、
裏革には汚れに強い、特注ベルエースを使用。
 
この “ 貼り合わせ ” 実はとても繊細なお仕事なのです。
選び抜かれた天然の革を扱うのは難しく、
裁断を終えた革を見てみると、季節・温度などによって革の伸び縮みがあるため、一つ一つ幅が違います。
 
細かいゴミやのり玉を取り、
 

ピッタリになる革の幅を読み、上手く貼り合わせていきます。
自分の目で見て、ミリ単位の繊細さが求められる手仕事。
 

 
一枚一枚慎重に、正確に。
職人への第一歩です。