ヘッダーロゴ

親がランドセルを選び始めるタイミングは?

新1年生のお子さまにランドセルを買ってあげるタイミングは、いつがベストなのでしょうか? 早すぎてもお子さまの心変わりが心配ですし、とはいえ遅くなりすぎて好みの色やデザインが売り切れてしまっても困りますよね。
今回は、ランドセルを買う時期でお悩みの親御さんのために、「先輩ママ・パパが中村鞄のランドセルを購入したタイミング」についてアンケート調査してみました。
大切なお子さまの一生に一度のランドセル選びでお悩みなら、ぜひ参考にしてみてください。

◇ランドセルを購入したタイミングはいつですか?

1位:入学する前年の4月・・・38%
2位:入学する前年の5月・・・33%
3位:入学する前年の6月・・・19%
4位:入学する前年の7月・・・10%

1位(入学する前年の4月)を選んだお客様の声

「ラン活という言葉を聞いて、親の意識が早いので完売を想定して。」
・好みの色を背負わせてく、早期完売が理由です。(広島県・43歳・女性)
・「ラン活」という言葉をニュースで見て。(石川県・61歳・女性)
・工房系のランドセルということもあり、人気のあるカラー・素材がなくなる前に決めたかった。(愛知県・36歳・女性)

割合として一番多かったのが、4月です。最近のランドセル選びにかける時間は約半年以上。
年中児からランドセルカタログを請求される方も多くいらっしゃいます。
中村鞄のランドセルカタログがお手元に届き始めるのが3月下旬から4月。

入学一年前の前年春からランドセルをオーダーした親御さんたちは、早め早めに準備しようという意識をお持ちだったようです。
オーダーメイドのランドセルを始め、工房系のランドセルは夏休み前には品薄になったり手に入らなかったりするおそれがあるのでランドセル情報は随時チェックが必要であることがわかりますね。

2位(入学する前年の5月)を選んだお客様の声

「大切な一つだから、どうしても希望のランドセルを。」
・通っている幼稚園からカタログをいただき、一目惚れしたので。(静岡県・46歳・女性)
・工房を見にいって実際に作っているところを拝見し、ここなら安心!と思ったので。(神奈川県・47歳・男性)
・一年前からランドセルカタログを請求していて、最初から決めていた。(千葉県・59歳・女性)

「お兄ちゃんと一緒にしたかった。」
・兄と同じランドセルを背負いたい。笑顔でそう息子が言ったので。(埼玉県・32歳・男性)
・上の姉が綺麗に使っていて、安心のアフターサービス、五年生になった長女のランドセルは今でもとてもしっかりしているので次女にも選びました。(神奈川県・36歳・男性)
・近所のお兄ちゃんが背負っていて、とても良かったので。(福岡県・36歳・女性)

各社ランドセルのカタログが、届き始める時期というのが5月です。
第一希望、第二希望等ある程度のランドセル選びに必要な情報を得て、納得のいくランドセルが見つかれば、web・ランドセル展示会が始まる5月からの早期注文をするご家庭も多いです。
中村鞄ではこの時期の店舗・展示会は毎年混雑が予想されます。

又お兄ちゃん、お姉ちゃんが実際に使っているランドセルを見ていて、同じものを選びたい。
リピートユーザーは、決め手が早いと感じます。

3位(入学する前年の6月)を選んだお客様の声

「希望のランドセルを背負わせたかったから」
・手作りのランドセルだったので、数量限定ということもあり、早めに準備したいと思ったため(埼玉県・42歳・男性)
・少し早めに準備しておかないと心配だったため。(福岡県・30歳・女性)
・周りの知人も徐々にランドセルを決め始めていたので。(岐阜県・47歳・男性)

3位は夏休み一ヶ月前の6月。
6月は各社の出張ランドセル展示会、オンライン注文が始まるなどでランドセルを意識される時期でもあります。
6月上旬の時期ですと比較的全ラインアップを見て背負える時期でもあります。
各ランドセルメーカーの商品に一部完売、完売間近といった時期ということもあり、完売する前に注文をする!といった意識を持つ方が多い為、ランドセルを選ぶ時期は6月までが大半といった傾向が分かります。

まとめ

今回のアンケートでは、約7割以上の親御さんが、入学する前年の4月から6月にランドセルを購入しているという結果になりました。早期完売が想定されている近年、気に入ったランドセルがあれば早めのご予約をされる方が多いことがわかります。
大切なお子さんが6年間も使用するランドセルにこだわりたいなら、少し早めに動き始めてもいいかもしれませんね。

また、ランドセルの購入に、親御さんのご両親である祖父母が関係してくるのもよくある話です。祖父母の意思を尊重した結果、早期に購入することになったご家庭もありました。おじいちゃん・おばあちゃんと一緒にランドセルを選ぶのも楽しいかもしれません。

ランドセルを買うと、お子さんの中で「もうすぐ1年生」という意識が高まります。これから新しい環境へはばたく緊張感がありますが、毎日楽しく通学できるようなお気に入りのランドセルを、お子さんと一緒に探してあげましょう。